読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハリネズミの願い -トーン テレヘン-

外国文学

 

内容紹介

親愛なるどうぶつたちへ。きみたちみんなをぼくの家に招待します。……でも、誰も来なくてもだいじょうぶです。ある日、自分のハリが大嫌いで、つきあいの苦手なハリネズミが、誰かを招待しようと思いたつ。さっそく招待状を書き始めるが、手紙を送る勇気が出ない。もしクマがきたら? カエルがきたら? フクロウがきたら? ――臆病で気難しいハリネズミに友だちはできるのか? オランダで最も敬愛される作家による大人のための物語。

 

著者について

テレヘン,トーン
1941年、医師の父とロシア生まれの母のもと、オランダ南部の島に誕生。ユトレヒト大学で医学を修め、ケニアでマサイ族の医師を務めたのちアムステルダムで開業医に。1984年、幼い娘のために書いた動物たちの物語『一日もかかさずに』を刊行。以後、動物を主人公とする本を50作以上発表し、国内外の文学賞を多数受賞

コメント 

タイトルだけを見ると子供向けかと思うと大人向け。

あたりまえのことを書いているかと思うとそんなことはない。

 

動物を主人公にして文学賞を取得している作家さんだけにこれもまた必読なんでしょう。