読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蘇える変態 -星野 源-

エッセー・随筆

www.amazon.co.jp

 

内容紹介

人気爆発、10万部突破! 多数書店にてランキング1位続出!

星野源・待望の最新刊。
資生堂アネッサCMソング「夢の外へ」、
「知らない」と立て続けにヒット。
アルバムもオリコンチャートを賑わせ、
主演舞台に主演映画とうなぎのぼりの人気のさなか、
2012年末にくも膜下出血で入院。
手術後数ヶ月で復帰したものの、再発。
長期の休養を強いられた。
「面白いものが作りたい」と、
音楽・俳優・文筆とむさぼるように仕事をしてきた著者。
アルバム制作や撮影現場などの“ものづくり地獄"の舞台裏から、
エロ妄想で乗り越えようとした闘病生活、完全復活まで。

怒濤の3年間を綴った、
くだらなさと緊張感とエロと哲学、
ミックスにもほどがある垣根なしのエッセイ。
雑誌『GINZA』好評連載「銀座鉄道の夜」の書籍化+書き下ろし。

 

著者について

1981年、埼玉県生まれ。音楽家・俳優・文筆家。
2000年インストゥルメンタルバンド「SAKEROCK」を結成。
2003年に舞台「ニンゲン御破産」(作・演出:松尾スズキ)に出演、その後大人計画事務所に所属。
10年に1stアルバム『ばかのうた』、11年に2ndアルバム『エピソード』(第4回CDショップ大賞準大賞)を発表。
3rdアルバム『Stranger』(13年)はオリコンウィークリーチャート2位を記録した。
俳優としては、主な出演ドラマに『ゲゲゲの女房』(10年 NHK)、『11人もいる! 』(11年 テレビ朝日)、舞台『サッちゃんの明日』(作・演出/松尾スズキ)など。
12年に『テキサス -TEXAS-』で舞台初主演。
13年は初主演映画『箱入り息子の恋』(市井昌秀監督)、映画『地獄でなぜ悪い』(園子温監督)、アニメ映画『聖☆おにいさん』(声の出演・ブッダ役)に出演し、
第5回TAMA映画賞最優秀新進男優賞、第35回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞、第37回日本アカデミー賞新人俳優賞、第68回毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞を受賞した。
著書に『そして生活はつづく』(文春文庫)、『働く男』(マガジンハウス)など。 

 コメント

この星野 源という人の頭の中をのぞくことのできる一冊でしょう。

ただ、まだまだ何を考えているかわからないとも感じさせる。

引き出しの多いタレント。

 

うーん、うらやましいので、何か吸収するためにも読みましょう(笑)